スターウォーズ フォースの覚醒の時代背景

muryo_banner


スターウォーズ フォースの覚醒の時代背景

スターウォーズの新作映画エピソード7「フォースの覚醒」が

2015年12月18日に公開されることになっており、世界的に注目が集まっています。

 

エピソード6の時代から30年が経過した頃を舞台として、

ルーク・スカイウォーカーやハン・ソロが登場することも知られています。

 

ハン・ソロとレイア・オーガナが結婚したのは知られていますが、

ルーク・スカイウォーカーに子どもがいるのかどうかは新作に期待される所です。

 

スターウォーズ フォースの覚醒と前作の関連

スターウォーズ フォースの覚醒は、

エピソード4~6でジェダイの対抗勢力とも言える

シスを打倒した後の世界として構成されています。

 

デススターやダースシディアスを打倒した後にも、

シスの残党は多く残っているとされ、

ルーク・スカイウォーカーの戦いはその後も続いていきます。

 

ハン・ソロとレイアの子どもたちが大人になった時代なので、

それらの子どもとルーク・スカイウォーカーの関わりも気になる所です。

 

小説の内容も気になる所

ルーク・スカイウォーカーとダースベイダー(アナキン・スカイウォーカー)が

協力してダースシディアスを倒しましたが、

実はダース・シディアスは一度クローンとして蘇ります。

 

エピソード7~9は2015年から2年毎に公開される予定で、

エピソード8は2017年、エピソード9は2019年に公開予定です。

 

シスの暗黒卿が復活するのがいつ映画で出されるのかは不明ですが、

フォースの覚醒の時代はジェダイとシスのフォースへの感覚の差が現れるでしょう。

 

家族愛が重視される可能性大

あくまで予想ですが、エピソード1~3では恋愛や師弟関係、

人間的な部分が多く描かれていたのも特徴です。

 

エピソード7はディズニーがルーカスフィルムを買収したこともあり、

ディズニーらしい家族愛が反映されてくる可能性が高いです。

 

ハン・ソロやレイア・オーガナなどが登場することも考えると、

その可能性は特に大きく、

ルーク・スカイウォーカーの家族に関しても登場するかもしれません。



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ