スターウォーズのグランド・マスターヨーダのモデルとは

muryo_banner


スターウォーズのグランド・マスターヨーダのモデルとは

スターウォーズの中でも最強のジェダイといえるマスターヨーダのモデルは、

ヨーダを生み出したスチュアート・フリーボーン自身となっています。

 

目つきはかの有名なアルベルト・アインシュタインに似せたとも言われ、

黒澤明監督の作品に出る人物にもよく似ていると指摘されています。

 

詳しいモデルは発表されておらず、

映画の中と同様謎が多いキャラクターですが、

多くの人の心に残っている人物といえるでしょう。

 

マスターヨーダに生を与えた人物

フランク・オズというマペット人形を動かすプロがヨーダを動かしており、

エピソード4~6ではその様子もよく分かるものでした。

 

ヨーダの声についてはDVD版では辻村真人氏が行っており、

日本語版では特にそのヨーダらしい声が

印象に残っている人も多いでしょう。

 

エピソード1~3ではCGでヨーダが作られ、

パルパティーン議員役のイアン・マクダーミドも

撮影が大変だったと漏らしている様子もありました。

 

ヨーダの種族と特徴

ヨーダは、フォームⅣ:アタールという星の種族で、

映画の中ではヨーダに似た人物はほとんど登場しておらず、謎が多いです。

 

跳躍力に優れた種族で、パルパティーン議員や

ドゥークー伯爵との戦闘においてもその力が発揮されていました。

 

フォースのちからも非常に強く、

素手でも戦闘ができるほど強力なもので、

弟子といえる存在も多く存在していました。

 

ドゥークー伯爵とも師弟関係が合ったようで、

ドゥークー伯爵の方から師匠と呼ぶような一面もあり、

その生涯の多くを教育に捧げています。

 

年齢も800歳近く、最期に病で亡くなるまで、

ジェダイの後進の育成に力を割いているようで、

ルークスカイウォーカーにもその力を与えていました。

 

クワイ=ガン・ジンの指導のおかげで、

オビ=ワン共々フォースと共に精神を残すことに成功しており、

ルークを影で支える存在として今も生き続けています。



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ