スターウォーズの乗り物の名前

muryo_banner


スターウォーズの乗り物の名前

スターウォーズエピソード1~3では、

エピソード4~6とは全く世界観の異なる乗り物が登場しており、

その魅力は非常に大きいです。

 

スター・デストロイヤーのような形の乗り物や、

タイ・ファイターに似たドロイド型戦闘機など、

クローン戦争時には多くの乗り物が開発されています。

 

帝国軍の時代にもAT-ATなど巨大な戦闘用の乗り物が開発されており、

それらも合わせてエピソード7公開前にチェックしておきたいですね。

 

数々の戦闘機の名前と強さ

ジェダイが主に利用していたのは

Xウイングとジェダイ・スターファイターで、

アナキン・スカイウォーカーが操縦している様子も見受けられました。

 

幼いころのアナキン・スカイウォーカーが操縦していたのが

このスターファイターで、インターセプターと呼ばれるモデルもありました。

 

敵として通商連合のドロイド・スターファイターというものもあり、

戦闘においては両者が宇宙空間で飛び交う映像が

多くの人の印象にも強く残っているでしょう。

 

スターウォーズで特に有名な乗り物と活躍

スターウォーズで印象に残っている乗り物といえば、

ミレニアム・ファルコン号やXウイングで、

ルーク・スカイウォーカーやハン・ソロが使用していたものです。

 

他にもファイターの戦略で雪の国で倒されてしまった

4足歩行の大型兵器AT-ATや、

ジャングルの中で導入された二足歩行のAT-STも

印象に残っているでしょう。

 

スピーダーもジャングル内での戦闘で活用されたこともあり、

エピソード1から続けて利用され、

エピソード7でも進化したものが登場するようです。

 

帝国軍の巨大な乗り物と特徴

銀河帝国で利用されていたAT-ATやAT-STは

反乱軍やジェダイ、ルーク・スカイウォーカーにとっても

大変な存在でした。

 

大きいだけではなく、火力も強く、

基地が簡単に破壊されてしまうようなもので、

帝国の恐怖の象徴とも言える存在でした。

 

破壊されたAT-ATのボディは

エピソード7では家屋として再利用されているようなシーンも有り、

前作の雰囲気も多少思い出せるでしょう。



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ