スターウォーズ ダースベイダーの名言3選

muryo_banner


スターウォーズ ダースベイダーの名言3選

スターウォーズの中でも最強の敵と思われていた

ダースベイダーが発した言葉にも多くの名言があります。

 

特に、戦闘の中で発せられた言葉は映画を見ていた人には衝撃的な発言もあり、

記憶に強く残っている人も多いのではないでしょうか。

 

時系列から基本的にルークスカイウォーカーとの対話が多いですが、

親子としてもジェダイとシスとしての立場もあると思えば、

その言葉にも重みが感じられます。

 

私はお前の父親だ

これはルーク・スカイウォーカーに向けて発せられた

衝撃的なカミングアウトで、

ルーク自身もかなり驚いていました。

 

レイア・オーガナとルーク・スカイウォーカーが兄弟で、

ダースベイダーの子どもであることは映画の中でも見受けられます。

 

ルークはその言葉に衝撃を受け、絶望し、

リアクターに身投げをしてしまうほどパニックになる出来事だったようです。

 

フォースを学んだようだな、若きスカイウォーカーよ。だがまだジェダイではない。

ルーク・スカイウォーカーが修行を終えて、

再びダースベイダーに向き合った時に発せられたもので、

様々な意味が感じられる言葉です。

 

若きスカイウォーカーとあえてスカイウォーカー一族の名に触れつつ、

フォースを学んだ息子の姿を喜んでいるようにも感じられます。

 

さらに、ジェダイとして生きた経験もシスとして生きた経験もある父親として、

ジェダイを極めるのはまだまだ難しいということをアドバイスしているようにも捉えられる言葉です。

 

最後に一度だけ...自分の目でお前を見ておきたい

この言葉は、最期にダースベイダーが発した言葉で、

シスの暗黒卿を倒した後に述べられたものです。

 

親子の愛情を感じる言葉でもあり、

エピソード3を見たことがある人では、

このシーンは感動のシーンといえるでしょう。

 

フォースに振り回された人生に終りを迎えるとき、

始めて自身の息子と直接対面できたという

感動のシーンに最適な特別な言葉でしょう。



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ