スターウォーズの登場人物の相関図

muryo_banner


スターウォーズの登場人物の相関図

スターウォーズには多くの登場人物がおり、

相関図なども合わせてみるとかなりストーリーの理解もしやすくなるでしょう。

 

スターウォーズ新聞でも相関図が梱包されていたこともあり、

キャラクターの相関図は意外とコレクターにも人気が出ています。

 

初めてスターウォーズを見る人にも分かりやすいものがあれば、

映画もより楽しくなり、エピソード7ももっと楽しみになるでしょう。

 

ジェダイの相関図とは!?

ジェダイにはあまり家族関係はなく、師弟関係が多くなっており、

アナキン・スカイウォーカーを中心に相関図が作られます。

 

アナキンの師匠がオビ=ワン、その師はクワイ=ガン・ジンで、

さらに、マスターヨーダやジェダイ評議会のメンバーとしてメイス・ウィンドゥなどがいます。

 

アナキン・スカイウォーカーの子どもとしてルークやレイアがおり、

そこにもオビ=ワンが深く関わっており、その子どもたちの関係も重要です。

 

シスの相関図はどうか?

シスの相関図には、やはりダース・シディアスこと

パルパティーン議員が大きく関わっているといえるでしょう。

 

ダースシディアスの指令で活動していたグリーヴァス将軍やダースモール、

ドゥークー伯爵もいることからダースシディアスは特に重要です。

 

シスの戦士同士はあまり関係しておらず、

トップダウンの関係が強かったこともあり、

ダース・シディアスがその相関図の中心となるでしょう。

 

ロボットたちもアナキンに影響される

アナキン・スカイウォーカーによって製造されたC-3POがいることで

ルークスカイウォーカーとR2-D2がつながったこともあり、その影響は大きいです。

 

アナキンスカイウォーカーに関連するキャラクターは多く、

ドロイドとしてもやはり欠かせないキャラクターでしょう。

 

C-3POなどはエピソード7でも登場すると言われており、

新作の公開が楽しみになるポイントの一つと言えます。

 

相関図が気になる方はスターウォーズ新聞などを購入して

見てみるのも良いかもしれません。



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ