スターウォーズの目立ったキャラクター ジャバザハット

muryo_banner


スターウォーズの目立ったキャラクター ジャバザハット

ジャバザハットはエピソード1のレース場やエピソード4でも登場している

大きな芋虫のようなキャラクターで、

犯罪組織の頭領のように扱われています。

 

ジャバザハットは自身ではあまり動けないのでそれほど強くはないですが、

やはり権力が強く、奴隷や踊り子などを多く従えていました。

 

年齢もかなり長寿命な種族で、犯罪王としての力も大きく、

失敗したものや逆らうものには死を与えるような冷酷さも備えていました。

 

ジャバザハットの風貌

ジャバザハットは約4m程度の体を持ったキャラクターで、

エピソード1では自身で動く姿も見受けられ、

見た目の雰囲気はやはり良くないものでした。

 

ナメクジのような芋虫のような雰囲気もありますが、

大きな口と大きな眼球を持った姿で、

気持ち悪さは段違いだったと言えます。

 

ジャバザハットの執事として

ビブ・フォーチュナーというキャラクターもいますが、

こちらも見た目は少し奇怪な姿で悪役として目立っていました。

 

ジャバザハットの仕事とは?

犯罪王というだけあり、密輸や暗殺、諜報活動や破壊など、

かなり暗黒の世界を支配していたキャラクターでした。

 

ボバフェットとの関わりも大きく、

ジャンク屋としてのハン・ソロを認めていた一面もあり、

犯罪王として生きていました。

 

ジャバザハットは冷酷な一面もありましたが、

中にはペットとして飼育するようなものもおり、

個性的なキャラクターとして知られていました。

 

ジェダイの帰還での出来事

ハン・ソロを捕らえていたジャバザハットに対抗するために、

レイア姫によってジャバザハットは殺害されてしまいます。

 

踊り子として縛り付けていた鎖がハットの首に絡みついて絞殺する形になり、

ジャバザハットの長い生涯に幕を閉じました。

 

ジェダイのフォースに対抗する力もあったジャバザハットは

ジェダイにとっても厄介な存在で、

レイアの活躍はかなり重要なものだったとも言えます。



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ