バンダイから発売のスターウォーズ タイファイター

muryo_banner


バンダイから発売のスターウォーズ タイファイター

タイ・ファイターは、Xウイングと空中戦を繰り広げた有名な宇宙船で、

ルーク・スカイウォーカーたちを苦しめた戦闘機でした。

 

飛行機としてはかなり奇抜なデザインで、

それまでの宇宙船とは全くデザインの異なるもので人気も高い戦闘機です。

 

タイ・ファイターはシスの帝国軍の乗り物で、

ストームトルーパーや訓練された乗組員によって操作されたものでした。

 

かっこよさだけではなく、機動性やそのシステムなども前衛的でかなり魅力的で、

プラモデルでの人気も非常に高いです。

 

エピソード7を前に人気が急上昇

スターウォーズ エピソード7でも登場するタイ・ファイターは、

予告編ではミレニアム・ファルコン号と戦闘するシーンもありました。

 

エピソード4~6で登場した、スターウォーズの代名詞とも言える乗り物ですが、

新作にも登場するということで人気が高まっています。

 

2つの翼は、エネルギー充電に活かされるような仕組みでもあり、

科学的な視点から見ても大きな魅力のあるモデルと言えます。

 

派生したタイ・アドバンストも人気があり、

ダースベイダーが載っていた戦闘機として、

合わせて揃えるのも良いかもしれません。

 

プラモデル「タイ・ファイター」の魅力

タイ・ファイターは、見た目はいかにも悪役系のデザインですが、

宇宙船としてはやはりかっこよく、プラモデルでも作りやすいのが魅力です。

 

両翼のウイングは、飛行機に対するイメージを覆すようなもので、

公開当時もかなりの注目を集めました。

 

コレクションとしても、見た目の良さやかっこよさもあり、

飾っておくとそれだけで満足できるようなプラモデルでしょう。

 

塗装もしやすいので、初めてプラモデルを作る人でも

ある程度簡単な工夫だけで上質なモデルが作れるはずです。

 



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ