あまり知られていないスターウォーズ年表

muryo_banner


あまり知られていないスターウォーズ年表

スターウォーズは元々はジョージ・ルーカスが書いた小説が元になっており、

映画もそのワンシーンを抜き出したものです。

 

年表を知っているとネタバレも含まれてしまいますが、

スターウォーズのバックグラウンドが分かるのでおもしろさも増します。

 

スター・ウォーズファンであれば年表は欠かせない教科書で、

その世界観をさらに魅力的で奥深いものにしてくれるでしょう。

 

ジェダイよりもシスのほうが早く存在した

実はスターウォーズの年表では、

シスのほうが早く存在しており、

シス・オーダーという組織も存在していました。

 

その後ヨーダが生まれたり、ジャバ・ザ・ハットが誕生して、

物語の基盤となる役者が揃っていきます。

 

ライトセーバーは古代の遺物として発見されたもので、

年表当初はかなり神聖なものとも考えられており、

その後の時代に影響を与えているようです。

 

ドゥークー伯爵やダース・シディアスの生誕も分かる

ドゥークー伯爵やダース・シディアス(パルパティーン)が誕生するのは

ヨーダが誕生してからずっと後のことで、

既に数百年が経過しています。

 

メイスウィンドゥはライトセーバーを作るためのクリスタルを

他の民族から贈られたことも年表に書かれており、

世界観がかなり広がります。

 

オビ=ワン・ケノービが生まれた時も書かれており、

クワイ=ガン・ジンの年齢やその関係もとても気になる所です。

 

アナキン・スカイウォーカーに関する情報も

パルパティーン議員がシスの暗黒卿となってから

すぐにシミ・スカイウォーカーが

アナキンを出産していることも気になるポイントです。

 

タトゥイーンという星も重要で、

ハットやアナキン・スカイウォーカーなどが深く関わる星として

ストーリーに深く関わっています。

 

他にもたくさんの情報が書かれているので、

気になる方は一度インターネットなどから調べて

チェックしてみると良いかもしれません。

 



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ