スターウォーズのラストシーンは少し変わっている!?

muryo_banner


スターウォーズのラストシーンは少し変わっている!?

スターウォーズを見直した方は分かるかもしれませんが、

旧作のスターウォーズと新しくリメイクされたものでは

ラストシーンが変わっています。

 

エピソード6の最後のラストシーンでは、

初めはオビ=ワンやヨーダしかいませんでしたが、

クワイ=ガン・ジンやアナキン・スカイウォーカーも追加されているのです。

 

倒されたダースベイダーはアナキン・スカイウォーカーの

若いころの姿になっているので、

気になる方はもう一度見てみましょう。

 

毎回期待させてくれるエピソードごとのラストシーン

独特の音楽に合わせて流れてくるエンドロールも印象的ですが、

終わりが無いと感じさせるラストシーンも魅力的でしょう。

 

エピソード1から6まで、

毎回ラストシーンは次回へ続く布石が用意されており、

映画としての魅力もとても大きいと言えます。

 

変化しているのはエピソード6の特別編で、

多少なりグラフィックも改善されているので、

より自然な状態で楽しむことができます。

 

スターウォーズの世界観が変わるかもしれないラストシーン

スターウォーズのエピソード6のラストシーンで出てきた

霊体のアナキンやオビ=ワンは、

フォースに新たな可能性を見出している可能性があります。

 

フォースと同化するというクワイ=ガン・ジンの技術や研究の成果とも言えるもので、

ルーク・スカイウォーカーもフォースと同化するかもしれません。

 

今後のエピソード8の公開にも合わせて、

新しい可能性の一つとしてしっかりチェックしておくと良いかもしれません。

 

最初のエピソード6しか見ていない人も多い

スターウォーズ・エピソード6が公開された時に見ている人にとっては、

その後のリメイク版や特別版はチェックできていないかもしれません。

 

リメイクやHD版、特別版などで基本的なシーンは変わっていませんが

一部分だけ変更が加えられているので、ぜひチェックしてみてください。

 

今ならレンタルビデオ店でも借りられるので、

特別編を持っていない方でも安くお手軽にチェックすることができます。

 



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ