スターウォーズのこれまでのストーリーと結末

muryo_banner


スターウォーズのこれまでのストーリーと結末

スターウォーズのエピソード1から6にかけてのストーリーはとても複雑で、

奥深い魅力もありますが結末だけ気になるという人もいるでしょう。

 

ジェダイとシスという2つのフォースを扱う組織が

対立しているような状況で、

目には見えない特別な力を巡って戦うストーリーです。

 

登場するドロイドや人物、家族模様も

スターウォーズのとても大きいポイントで、

ジェダイだけが主役とはいえないでしょう。

 

エピソード3までのストーリーと結末

エピソード3までにアナキンスカイウォーカーが成長して

ルークやレイアが誕生するところまでストーリーが進みました。

 

アナキンが見つけられて、オビ=ワンと共に成長し、

帝国の発足やダークサイドへの転落もあり、

映画の中でもかなり盛りだくさんな内容でした。

 

戦闘シーンも映像技術の発達に合わせて

かなり見どころのある空中戦が楽しめ、

今でも記憶に残っている人も多いでしょう。

 

エピソード6までのストーリー

エピソード4~6は、ルーク・スカイウォーカーや

ハン・ソロが反乱同盟軍と共に帝国を倒すというストーリーでした。

 

ジェダイが帝国よりも有利な事もあれば、

逆にルークが苦境を強いられていることもあり、

最終的にはジェダイ側の勝利という形で幕を下ろしました。

 

エピソード7はその30年後の話で、

帝国のシスやジェダイの攻防がどうなっているのかも見どころの一つといえ、

是非チェックしておきたいところでしょう。

 

エピソード6の結末と布石

エピソード6は、ルーク・スカイウォーカーが

実父であるダース・ベイダーと共に

ダースシディアスを倒すという結末でした。

 

最終的に、レイアやハン・ソロ、ルークが一緒に同盟反乱軍の勝利を祝ったり、

新しい政府が誕生するような雰囲気の中、映画が終了していました。

 

今では、エピソード7の公開に注目が集まっていますが、

過去の作品の隠喩が表出する可能性もあるので、

過去の作品も是非チェックしてみてください。

 



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ