スターウォーズ・エピソード7の新ヒロイン役「デイジーリドリー」とは

muryo_banner


スターウォーズ・エピソード7の新ヒロイン役「デイジーリドリー」とは

2015年12月公開のスターウォーズ・エピソード7ではヒロイン役として

デイジーリドリー演じる「レイ」が登場することになっています。

 

レイはハン・ソロとレイア・オーガナの子どもで、

スピーダーに乗っている姿は予告編で見た方も多いことでしょう。

 

今回のエピソード7で登場するシス側・カイロレンの妹でもあり、

少し複雑な身の上にありそうなキャラクターです。

 

レイは何者なのか!?

ハン・ソロの子どもとして

レイ、フィン、カイロレン(シス側)の3人がいることがわかっており、

ルークとのつながりもある存在です。

 

レイはルークからライトセーバーを渡される人物で、

フォースを身につけるか否か悩む姿も見受けられています。

 

ルークもレイアもダースベイダーの子どもであり、

強いフォースを受け継いでいるので

レイにもそのフォースがあると考えられます。

 

フィンと協力するシーンも

フィンは帝国の強制徴兵によってストームトルーパーとして働かさせられていましたが、

レイの協力もあり助けだされます。

 

はじめはレイ一人でスター・デストロイヤーを調べているようなシーンもあり、

かなり難しい身の上にありそうなキャラクターです。

 

果敢に戦う女性としてエピソード1から3の

パドメを思い浮かべるようなキャラクターも

起用のきっかけになったのかもしれません。

 

女性騎士としても期待

2016年公開のスピンオフ作品でも女性が主役になるようで、

エピソード8でも女性騎士として戦うジェダイになるかもしれません。

 

2015年12月のエピソード7公開後は2017年5月にエピソード8が公開されるので、

その後の展開にも目が離せませんね。

 

クローン・ウォーズのアソーカ・タノのような独特な戦い方やスタイルがあれば、

よりその期待度もアップしそうですね。

 



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ