スターウォーズ・エピソード7公開の海外の反応

muryo_banner


スターウォーズ・エピソード7公開の海外の反応

ジョージ・ルーカスが描くスターウォーズエピソード7「フォースの覚醒」が2015年12月18日に公開予定です。

 

そんな中、日本国内では既に熱狂ぶりが見て取れる人もいますが、海外の反応はどのようなものなのでしょうか。

 

様々なコラボや新しいアトラクションの発表もあり、世界はスターウォーズの新作にどんな期待をしているのか探ってみましょう。

 

アメリカでは意外と冷静な反応

ルーカスフィルムがあるアメリカの反応は意外と冷静で、スターウォーズのテーマパークについても色々と議論があるようです。

 

アメコミヒーローも人気が高く、アベンジャーズといった新作もあるので、新作発表には冷静な反応ができるのかもしれません。

 

しかし、スターウォーズファンにとっては国籍など関係なく、かなり早いうちから熱狂しているようで今後も期待できます。

 

アジア全般ではどうなのか?

スターウォーズという映画を見たことがある人は多いように思えますが、子どもや若者はエピソード123しか知らない人もいるようです。

 

台湾やシンガポールでは少しずつ人気が高まってきているようですが、まだまだこれから少しずつ注目されていくのでしょう。

 

スターウォーズを知っている世代についてはエピソード7はとても期待できる作品でバトルフロントへの注目度も高いです。

 

ヨーロッパの反応は如何に?

ヨーロッパなどの地域では映画に対する評価はかなり厳しいですが、躍動感・臨場感あるCG映画としては人気があるようです。

 

スターウォーズファンも日本並みにいるようで、エピソード7に関する情報は相当多く集まっているようです。

 

ドイツで開かれたE3でもスターウォーズの話題は欠かすことはなく、新作ゲームにも大きく期待されているようでした。

 



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ