スターウォーズの後付け設定とは!?

muryo_banner


スターウォーズの後付け設定とは!?

スターウォーズは最初にエピソード456が制作されたために、

多少後付け設定がされているものも映画の中に出てきます。

 

キャラクターのセリフや行動などが

エピソード456とエピソード123で異なることも多く、

映画を見ていると違和感を感じることも多いです。

 

作中の全てのエピソードを通して登場するようなキャラクターで比較すると、

オビ=ワンやR2D2などに行動の差が見られるのでぜひチェックしてみてください。

 

新しく作られたエピソード123の方が後付け設定も目立つので、

気になる方はぜひ公開された順に映画を見なおしてみましょう。

 

小説も参考にできるストーリー

スターウォーズのストーリーは映画やアニメだけではなく、

小説でもチェックでき、映画にはない話も設定もたくさんあります。

 

スターウォーズが生まれた当初の設定から

少しずつ変更点が加えられたものもあり、

今では後付け設定のほうが多いともいえます。

 

もっと詳しくスターウォーズの裏話などを知りたければ、

スターウォーズの小説を見るのが一番です。

 

新しく公開されるエピソード7についても

小説ではネタがだいたい分かるので

映画の楽しみ方もかなり変化するでしょう。

 

ストームトルーパーとクローン兵

当初のストーリーではストームトルーパーは志願兵が多く、

クローン兵が多くいたわけではありませんでした。

 

エピソード123では、クローン兵で構成されているのがストームトルーパーで、

これについても後付け設定になっているといえます。

 

しかし、そんな後付け設定もストーリーや映画をもっと楽しくするためのものなので、

違和感のないものになっていればむしろ大歓迎ですね。

 

新しく公開されるエピソード7でも

ストームトルーパーの兵種をチェックしてみると

さらに変化があるかもしれませんね。

 



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ