スターウォーズ フォースの覚醒ではCG技術がもの凄いことに

muryo_banner


スターウォーズ フォースの覚醒はCGにも期待

スターウォーズの映像技術として

CGが多く導入されているのはみなさんもご存知でしょう。

 

ライトセーバーやブラスターなど光るものや

レーザーなどもCG合成で制作されています。

 

フォースの覚醒のライトセーバー

予告編などで一瞬見られる十字架のような形の

赤いライトセーバーもCG合成で制作されます。

 

前作に出てきたようなデススターやXウイングなどの

動きにも高度なCG技術が用いられています。

 

フォースの覚醒でも出てくるXウイングや新しいライトセーバーは、

スターウォーズの中でも大きな見所となるでしょう。

 

高度になった映像技術と期待

前作が作られてからかなり時間も経過していますが、

何よりAVATARでも導入された3D技術など、今は映像技術がかなり進歩しています。

 

今回製作されるスターウォーズ フォースの覚醒では、

そうした最新のCG技術や映像技術が利用されると考えられ、

かなり迫力のあるシーンを見られるでしょう。

 

過去のスターウォーズのCG制作などは日本の会社が請け負っていたということもあり、

日本人としてこれは見ないわけにはいかないでしょう。

 

最も大変なCG制作とは

スターウォーズの中でも最大の見所といえるのは

やはりライトセーバーでの戦闘でしょう。

 

この時、CG制作側では多大な時間と努力が結集されて、

迫力ある映像が生み出されています。

 

どちらのライトセーバーもCGで制作しているため、

こまめな制作や調整が欠かせません。

 

新作のフォースの覚醒でも、ライトセーバーの対決シーンは

是非目に焼き付けておきたいと思っています。

 

個人的には、R2-D2が映し出すホログラフが好きで、

新作フォースの覚醒でもお目にかかれることを期待しています。

 



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ