スターウォーズ フォースの覚醒のCG技術

muryo_banner


スターウォーズ フォースの覚醒のCG技術

スターウォーズ・エピソード7「フォースの覚醒」にも

たくさんのCG技術が活用されて、

魅力的な映像が作られています。

 

従来のスターウォーズに使用されたCGよりも

さらに美しいグラフィックで、

躍動感も想像以上のものになっているでしょう。

 

映画館で見られれば、その魅力も十分感じられるはずなので、

ぜひ映画館でもエピソード7をチェックしてみてください。

 

ディズニーの大きな力も借りている今回のスターウォーズ・エピソード7は

かなり期待できる作品になっているでしょう。

 

CGが使われていないドロイドにも注目

今回のスターウォーズの撮影でも砂漠などの環境撮影は実

際に撮影されてるものも多くあるようです。

 

BB-7というドロイドについては、

今現在の科学技術を持って開発されたもので、

ラジコンで操作されて撮影されたそうです。

 

まるでCG映像のように動くドロイドですが、

かなりリアルに作られているので

CG以外にもチェックする所はたくさんあります。

 

ライトセーバーによる戦いなどはCGが今でも使われていますが、

その技術も更に向上して魅力もかなりアップしています。

 

ライトセーバーはCG技術の集大成

スターウォーズに登場するライトセーバーは、

まさにCG技術の力を集めた映像といえるもので、

スターウォーズに欠かせないものです。

 

光る剣というだけではなく、

鉄でもなんでも溶かしてしまう様子を見せていたのも

多くの人を魅了しているもののひとつでしょう。

 

ブラスターによる攻防などは撮影時は地味でも

CGが追加されることでかなり迫力ある映像になるので

CGは欠かせない存在です。

 

エピソード456が公開された時にも

スターウォーズのCG技術には世界中が注目していたので、

ぜひ今回もチェックしてみてください。

 



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ