スターウォーズの動画の吹き替え役とは!?

muryo_banner


スターウォーズの動画の吹き替え役とは!?

スターウォーズの英語版は俳優のそのままの声ですが、

吹き替え版は日本の声優が

主に声を担当しているのは言うまでもありませんね。

 

有名なアナキン・スカイウォーカーは

幼少期は矢島晶子、青年期は浪川大輔が担当しており、

そのイメージもぴったりな声でした。

 

パドメ・アミダラは坂本真綾が担当していることで、

各方面から注目も集まって、公開当初はかなり人気が集まっていました。

 

他にも吹き替え担当者が多く、

それぞれのキャラクターに専属の吹き替え担当がついて

スターウォーズの世界観を盛り上げています。

 

エピソード456での吹き替え担当者は!?

スターウォーズのシリーズを通じて

その名を残していたオビ=ワンの若いころは

森川智之が声優を務めていました。

 

エピソード456では、DVDでは納谷悟朗が、

劇場では河原崎国太郎が吹き替えを請け負っており、

様々な声優の活躍の場でもあるようです。

 

グランド・モフ・ターキンなども

劇場とDVDで吹き替え声優が変わっているキャラクターで、

色々と映像をチェックしてみるのも楽しめそうですね。

 

ダースベイダーは一貫して大平透が吹き替え担当をしており、

その迫力や悪役の印象もしっかりと吹き替えでも残すように演技をしていました。

 

アニメ版のスターウォーズにも吹き替えがいる!

スターウォーズのスピンオフ作品・アニメーションの

スターウォーズにも吹き替え担当者がついており、

英語と日本語では多少ニュアンスが異なります。

 

映画本作でもそうですが、

アニメでも英語の言葉と日本語の言葉で使い分けされている物が多いので、

ぜひ英語でも映画を楽しんでもらいたいところです。

 

英語が理解できないと難しいですが、

日本語とは異なるニュアンスを明確に理解するには

やはり英語の吹き替え無しの状態も見たいですね。

 

子どもや英語がわからない人でも吹き替え版をしっかりチェックすれば

スターウォーズの全体像や雰囲気は十分感じ取れるでしょう。

 



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ