スターウォーズ・フォースの覚醒のフィンとは?

muryo_banner


スターウォーズ・フォースの覚醒のフィンとは?

スターウォーズのエピソード7「フォーズの覚醒」に登場する黒人青年のことをフィンと呼び、

トルーパーの服を着ていることでも知られています。

 

演じているのはジョン・ボイエガという俳優で、

ストーリーの中では帝国軍に強制入隊させられてしまった普通の青年のようです。

 

強制入隊させられただけなので、戦争をしたいわけではなく、

罪のない人々を助けるという行いをトルーパーでありながらも行ったようです。

 

レイやポーにもそれらが理由で帝国軍の牢獄から開放されることになり、

ジェダイやレイたちと行動を共にするようになります。

 

ストームトルーパーのマスクを脱ぐ3人目

スターウォーズの中では、ストームトルーパーがそのマスクを取って、

顔を見せるシーンはほとんどなく、過去の作品の中でも少数しかありません。

 

ストームトルーパーに変装してレイアを助けた時のルークと

ハン・ソロくらいしかマスクを脱いでおらず、フィンは史上3人目となります。

 

ストームトルーパーは帝国軍のクローン軍になったこともあり、

ジェダイにパルパティーンが倒された後の帝国の動きも気になりますね。

 

予告編でもそうですが、ストームトルーパーになっている

一兵士を救う所から話が始まるようで、

これまでにはないストーリーになっています。

 

予告編第三弾ではフィンもライトセーバーを!?

ジェダイにしか許されないライトセーバーを持って

戦おうとしている姿が予告編にも登場して、大きな話題になっています。

 

十字架の赤いライトセーバーを駆使するカイロレンと対峙しているようで、

そのストーリーはますます期待できそうです。

 

予告編では他にも色々なシーンが描かれており、

ハン・ソロの姿も久々に見られるため、

すでにファンはフォースの覚醒を楽しみにしています。

 

レイがライトセーバーを持つかどうかはわかりませんが、

フォースの覚醒以降のエピソード8や9のストーリーも要チェックでしょう。

 



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ