スターウォーズ・エピソード7のハンソロの子供

muryo_banner


スターウォーズ・エピソード7のハン・ソロの子供

スターウォーズ・エピソード7は前作のエピソード6に続く作品としてかなり時間も空いてしまいましたが、かなり多くの方に注目されています。

 

現実世界でもかなり科学が発展したのでBB-8のように本物のロボットを映画の中でも使用するようになっており、ハン・ソロの子供もお供にしているようです。

 

ハン・ソロはエピソード456を経てレイア・オーガナと結婚をして子供もいるようで、エピソード7はその子どもたちがメインのストーリーのようです。

 

スピーダーバイクに乗るレイやフィン、十字架のライトセーバーを持っているカイロレンもハン・ソロの子供のようです。

 

敵でも味方でもある兄弟たち

ハン・ソロとレイア・オーガナの子供はシスにもなっていればジェダイにもなっているような状況で、かなり複雑な問題があったといえるでしょう。

 

エピソード6からは30年後の時代を描くようなので、子どもたちは10代から20代と考えるのがよく、まだ若い青年たちというところでしょう。

 

カイロレンは赤いライトセーバーを持っている様子が描かれており、中にはルークのライトセーバーを持っているとも言われます。

 

それぞれバラバラの状態のようですが、それまでに一体何があったのかどうかもストーリー展開として知りたいところですね。

 

映画を見ればストーリーもわかる?

エピソード7を見たからといって、エピソード6からエピソード7までの間の様子がわかるかどうかは怪しい所です。

 

全く新しい物語と考えたほうが良さそうですが、スピンオフ作品や小説なども合わせて少し予習をしておいたほうがのんびり見られそうですね。

 

いきなりハン・ソロの子どもたちが登場するようなわけではなさそうですが、内容をきちんと理解するためには2度や3度は見たほうが良さそうです。

 

登場するキャラクターの名前や立場などもある程度理解しておかないとストーリーの把握だけでかなり大変になってしまいそうです。

 



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ