スターウォーズのBB-8の読み方は?

muryo_banner


スターウォーズのBB-8の読み方は?

スターウォーズ・エピソード7に登場するドロイドBB-8のかわいらしさが人気で、「ビービーエイト」と呼ばれることが多いようです。

 

Spheroというボール型のラジコンを改良して作る人もおり、実際に作られたCGではないドロイドなのでリアリティも増しています。

 

マグネットなどを利用している構造なようで、頭の部分が取れてしまってもすぐに戻れるようで、女性のファンも集めているようです。

 

戦闘などをすることはないようで、レイをサポートするドロイドとしていつでもどこでもコロコロと転がってついていくみたいです。

 

BB-8のラジコンも限定販売

BB-8に似せたラジコンも日本で販売されて、数量限定だったラジコンもすぐに売り切れてしまったとかなりの人気です。

 

スマートフォンと連携して操作できるようなので、ちょっとしたおもちゃとしては既に人気が高く、今後も実物大が作られそうですね。

 

エピソード7が公開されるのが2015年12月18日なので2016年にもなればたくさんおもちゃやフィギュア、プラモデルなども販売されていくでしょう。

 

これまでのスターウォーズにはなかったタイプのドロイドで、近代的な雰囲気もあるためスターウォーズらしいともいえますね。

 

BB-8とR2-D2は映画の中で出会う

エピソード1から6まで登場してきたR2-D2と新しく登場するBB-8はエピソード7の映画の中で劇的な出会いを遂げるようです。

 

ロボット同士の会話などもあるようで、C-3POも翻訳しつつコントのようなシーンもまたエピソード7で見られるかもしれません。

 

ドロイド同士の会話はスターウォーズの中でもかなり癒されるポイントでもあるので、安心して見るにはドロイドは嬉しいですね。

 

新しく登場するレイも気になりますが、BB-8やR2-D2も映画の中では忘れられない存在なので、ぜひチェックしてみてくださいね。

 



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ