スターウォーズのルークのその後は?

muryo_banner


スターウォーズのルークのその後は?

エピソード6以降登場することのなかったジェダイの騎士

ルークスカイウォーカーはその後どのような変化を遂げているのでしょうか。

 

映画ではまだ公開されていませんが、

実は、スターウォーズの小説では

その一部が既に描かれており映画でも描かれていくでしょう。

 

パルパティーンを倒した後に、

クローンとして再生したパルパティーンの弟子として

行動するときもあるようです。

 

一時的にダークサイドに落ちてしまっても、

仲間によってジェダイに戻され、

シスとしてではなく、ジェダイとして生きていくようです。

 

ルークの子どもはフォースの暗黒面へ

ルークスカイウォーカーは、シスのもとにいた女性と結婚して、

ベンという子どもを持つことになると書かれていますが、

彼は暗黒面に進んでしまうようです。

 

強いフォースを持っているものほど不安定な要素も強いようで、

スカイウォーカーと名のつく一族は波乱万丈な人生を送っています。

 

ルークの子どもベンは、その母親を殺害してしまい、

ルークやその仲間によって対抗勢力を作られたりするようなほど力を持ちます。

 

第二次銀河大戦やほかの戦いにおいてもジェダイとして高い、

グランドマスターというジェダイの称号も手にしている存在になるようです。

 

エピソード7との関連は?

エピソード7はどんな時代のことなのかはまだ明確ではないため

わからないことも多いですが、

ルークも最終的にはフォースと一つになるようです。

 

オビ=ワンやクワイ=ガン・ジン、ヨーダがそうであったように

フォースとひとつになっていくというところまでは小説でも描かれています。

 

エピソード7ではハン・ソロやレイアの子どもたち、

カイロレンといった新しいキャラクターも登場するので、

どこかで関連はしてきそうです。

 

まだその情報は多くないですが、

その分エピソード7の重要なストーリーの一部となっている可能性も高いので、

ぜひ本作で確認したいですね。

 



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ