スターウォーズに出てくるルークとダークサイドの関係

muryo_banner


スターウォーズに出てくるルークとダークサイドの関係

スターウォーズ・エピソード456で大活躍したルークスカイウォーカーは

フォースのダークサイドとの関係がとても多いキャラクターです。

 

父親のアナキンスカイウォーカーもダークサイドに転向しており、

本人でさえも一度はダークサイドに落ちてしまうようです。

 

フォースを学んでいる時からダークサイドとの戦いを強いられているため、

ジェダイとしてはかなり大変な立場なのもよくわかります。

 

フォースの二面性に見事にマッチしている存在でもあり、

戦いの中で少しずつフォースの保つ力や役目などを模索していくようです。

 

ルークとパルパティーン

ルークの父親アナキンをダークサイドに落とした張本人であるパルパティーンは

ルークともかなり長い関係があるようです。

 

ルークスカイウォーカーとダースベイダーが戦いを繰り返す様子もあり、

若いジェダイの騎士としてはかなりダークサイドと交錯することもありました。

 

ルークは父親のアナキンスカイウォーカーにも負けない強いフォースを持っていたため、

ダースベイダーにもパルパティーンにも注目されていました。

 

さらに、パルパティーンのクローン体の弟子になってしまうこともあるようなので、

今後の映画の展開がかなり気になりますね。

 

甥のジェイセン・ソロもダークサイドへ

ルークスカイウォーカーの双子のレイアの子どもと言われている

ジェイセン・ソロもフォースのダークサイドに進んでしまうようです。

 

ルークスカイウォーカーやアナキン・スカイウォーカーのような

フォースの強いものほどダークサイドにも近いようですね。

 

その他様々な因縁もあり、ルークはダークサイドと浅からぬ因縁が生まれており、

その命尽きるまで戦い続けることになります。

 

エピソード7のストーリーからすると

ルークが打倒しようとするジェイセン・ソロが登場する時代が

今回のフォースの覚醒に適しているのかもしれません。

 



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ