スターウォーズのルークの衣装の変化

muryo_banner


スターウォーズのルークの衣装の変化

ルークスカイウォーカーが登場するのはエピソード456で、

スターウォーズが一番最初に作られた頃のエピソードの中にいました。

 

ルークスカイウォーカーは今では多くの方が

アナキン・スカイウォーカーの子どもということを知っていますよね。

 

エピソード456の中ではルークがダースベイダーの子どもである

という事実も明かされており、その衝撃も大きいものでした。

 

実はエピソード456で、ルークの衣装にはある変化が隠されているようで、

意外と気づかないままになっている方もいるようです。

 

少しずつ黒くなっていく衣装

ルークスカイウォーカーは、

双子のレイアと引き離されて穏やかな場所で育てられたために

かなり純粋で素直な青年になっています。

 

その衣装も最初は白が多く、シンプルなものが多くありましたが、

エピソード6でダースベイダーと対峙するときには真っ黒な衣装を着ていました。

 

空間への擬態もあったのかもしれませんが、

白から黒への変化はジェダイのライトサイドから

ダークサイドへの転向をも思わせるようなものでした。

 

まだその衣装の変化の様子を確認できていない方は

今一度ルークの姿を確認してみると、

その衣装の変化に新しい感動を覚えることでしょう。

 

エピソード456の頃からの布石

ルークスカイウォーカーが

ダークサイドに落ちていってしまうというストーリーは

実際に小説やスピンオフで描かれているようです。

 

エピソード456での衣装の変化についても

こうした事情が既に考えられていた可能性が高く、

スターウォーズファンにとってはかなり感動するポイントですね。

 

他にもルークスカイウォーカーのちょっとした変化や行動の移り変わりも

スターウォーズを深く理解するのには欠かせないものです。

 

エピソード7でルークが登場する場合、

その衣装や姿はどのようなものになっているのか、

映画の公開が待ちきれないですね。

 



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ