スターウォーズのルークスカイウォーカーの修行について

muryo_banner


スターウォーズのルークスカイウォーカーの修行について

ルークスカイウォーカーはエピソード456で登場したジェダイで、

青年になってからジェダイの修行を始めた異例の存在でもあります。

 

一般的にジェダイの修行は幼少期から行う必要があるとされていますが、

ルークはそのフォースの力でオビ=ワンの修行も乗り越えているようです。

 

クローン戦争やパルパティーンの謀略の中をも生き抜いたオビ=ワンから

戦術や知識も受け継いでおり、それは映画の中でも感じることが出来ます。

 

オビ=ワンだけでなくジェダイマスターのヨーダからもその修業を受けており、

フォースのコントロールについてはかなり力があるようです。

 

ルークの修行の名シーン

ルークスカイウォーカーがオビ=ワンとともにレーザーを発射するドローンと

ライトセーバーで戦う様子は多くの人の心に残っているでしょう。

 

初めはうまくできなかったルークもちょっとしたアドバイスで、

感覚を掴んでライトセーバーのスキルを身につけています。

 

また、ヨーダによってXウイングを引き上げるという修行もインパクトが有ったシーンで、

ルークもあと少しのところまで力を発揮しています。

 

ヨーダの元へは何度か足を運んで修行をしたようで、

その力の変化や成長速度は父親のそれを超えるほどの才能があったとも言われています。

 

現在のルークはどうなっている!?

エピソード7以降のストーリーではルークスカイウォーカーは

ジェダイマスターとして、新しいジェダイを育てていくようです。

 

新しいジェダイ・オーダーを立ち上げるのも

このルークスカイウォーカーのようで新しい時代にとってもルークは大切な存在です。

 

ルークやハン・ソロの子どもたちにとっても

ルークスカイウォーカーは特別な存在で、

ジェダイのマスターとして一目置かれる存在のようです。

 

エピソード7でルークスカイウォーカーが登場するかは期待したいところで、

ぜひ映画本作でチェックしてみてくださいね。

 



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ