ターウォーズのルークと子供たち

muryo_banner


スターウォーズのルークと子供たち

スターウォーズエピソード7に登場するルークスカイウォーカーには

子どもが一人おり、ルークが関わる子どもも何人かいるようです。

 

ルーク自身の子どもであるベンスカイウォーカーは修行を放棄した面もあるようで、

ハン・ソロとレイアの子どもにその知識を授けているようです。

 

ジェダイの次の次代を担う存在を生み出したいルークスカイウォーカーと

そのジェダイの力を恐れる子どもたちには今までとは異なる大きな差があります。

 

ジェダイの力を受け継ぐのは一体誰になるのか、

今後のスターウォーズのストーリーが

どのように変化していくのかも気になりますね。

 

ルークの子供時代は?

エピソード4で登場した時点では、既にかなりいい年の青年でしたが、

そのルークスカイウォーカーの子供時代はどのようなものだったのでしょうか。

 

パドメ・アミダラに産み落とされた後、

すぐにシスの魔の手を逃れるためにレイアとルークは別々にされて、

平穏な場所で育てられました。

 

ルークは幼少期はのんびりとした牧歌的な家庭の中で育てられたため、

性格も比較的穏やかになったと言われています。

 

怒りっぽさが目立った父親とは異なった道を歩めたのは、

子どもからおとなになって、

ジェダイを極めるまでに出会った人間関係も関係しているでしょう。

 

ルークの子どもの力とは?

アナキン・スカイウォーカーはフォースに安定をもたらすと言われ、

ルークはダース・シディアスも倒すと言われるほどの存在でした。

 

そのルークの子どもは、ベンスカイウォーカーと言われ、

母親のお腹の中にいた頃から強いフォースを感じられていたようです。

 

あまりフォースの力が強いとシスになびいてしまう傾向もあるようで、

修行もあまり厳しくはせず本人の希望に委ねる面も強かったようです。

 

エピソード789では、ルークスカイウォーカーや

ハン・ソロの子どもたちに焦点が当てられるので、

欠かさずにチェックしておきたいですね。

 



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ