スターウォーズ・フォースの覚醒の現時点での感想

muryo_banner


スターウォーズ・フォースの覚醒の現時点での感想

映画の公開前からスターウォーズのエピソード7は注目されており、

その議論や期待の声、感想などもSNSで発信されています。

 

予告編の公開もあり、前回のエピソードから時間が経ったこともあって

スターウォーズ新聞などで認知度も高めているようです。

 

会社がルーカスフィルムからディズニーに変わっていることも賛否両論ある点で、

人によっては映画の雰囲気が変わってしまう不安もあるようです。

 

黒人や女性の主人公が登場することはこれまでにはほとんどなかった展開で、

やはり新しい世代を迎えるにはよい配役かもしれません。

 

エピソード456の感想

エピソード456では、ルークスカイウォーカーという若者が、

フォースの力も活用して強大な悪とされたシスの帝国を倒す物語でした。

 

ハン・ソロのようなキャラクターや反乱同盟軍というような

強大な悪と戦う軍まで登場して壮大な世界観もなかなか楽しめました。

 

ドロイドや大型の戦闘機、歩行型の兵器なども大きな注目を集めて、

ロボット好きの男子を中心に人気もかなり高まっていました。

 

今ある多くの映画はスターウォーズの映像技術や

世界観に影響を受けたものもあるため、

その存在はとても大きく語り継がれるものなのでしょう。

 

新しく作られたエピソード123の感想

エピソード456の前の時代の話として制作されたエピソード123も賛否両論集まった映画で、

映像技術の進化によりエピソード456よりも壮大さが増しています。

 

特にクローン戦争や躍動感ある空中戦などもかなりインパクトがあり、

スターウォーズとは全く別の作品として見ても楽しめます。

 

R2-D2がジェットで空を飛ぶ様子やグリーヴァス将軍のようなキャラクターも、

当時だからこそ出来た演出と言えるでしょう。

 

今回のスターウォーズ・エピソード7も映像は

かなり鮮明で高度なCG技術が使われるはずなので、

その点もあわせて映画を楽しみたいですね。



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ