スターウォーズ・フォースの覚醒予告編からの考察

muryo_banner


スターウォーズ・フォースの覚醒予告編からの考察

スターウォーズの小説でも明らかになっているようなストーリーが

映画でも実現されており、

やはりその内容面での考察もファンの楽しみの一つです。

 

予告編から考察すると、スターウォーズ・フォースの覚醒は

フォースの善と悪の考え方に対してスポットが当てられているようです。

 

善と悪の境目にあるフォースをどう捉えるかという課題は、

私たちにとっても共通の概念で、映画から学ぶことも出てくるかもしれません。

 

これまで登場したキャラクターの再登場も嬉しいですが、

スターウォーズの謎がまた一つ解決すると思うとその期待度もアップしますね。

 

過去のスターウォーズエピソードからの考察

これまでのスターウォーズでは、かなり明確にジェダイとシスの対立が目立っており、

そこに神秘性や家族愛なども含まれていました。

 

弟子と師匠の関係や、愛をテーマにしたエピソードなども

フォースという価値観を中心にストーリーが進んでいきます。

 

エピソード7ではフォースに振り回された後の世代が

どのような変化を遂げていくのかも描かれており、

見どころは増える一方です。

 

ダースベイダーとダース・シディアスのように

シスだからと言って完全な悪なわけではないことも

またスターウォーズの話を深くしています。

 

スターウォーズの小説からの考察

スターウォーズの小説には、様々なシーンや映画では描かれない背景も書かれており、

スターウォーズファンにとっては必須の情報源です。

 

宇宙をテーマにして人気が出たこともありますが、

そのストーリーの深さもかなりスターウォーズの要になっているので一度は見て欲しい所です。

 

ルークスカイウォーカーやアナキン・スカイウォーカーは

スターウォーズの一部の存在でしかなく、

まだまだこれからの時代が待ち受けています。

 

700年近く生きたヨーダや、フォースの力をコントロールするところまで

かなり長いストーリーが期待されるので、映画の内容や進展具合も重要です。



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ