スターウォーズのヒロインキャラクターであるパドメの存在

muryo_banner


スターウォーズのヒロインキャラクターであるパドメの存在

パドメ・アミダラは、

スターウォーズエピソード1~3のシリーズで登場した

ヒロイン的存在で、ナタリー・ポートマンが演じました。


 

アナキン・スカイウォーカーの恋人として

ルーク・スカイウォーカーやレイアを産んだ

母親としても知られています。

 

出産の際に、健康体でありながらも命を落としてしまい、

ナブー市民にも惜しまれながら埋葬されることになりました。

 

パドメとアナキン・スカイウォーカー

パドメはアナキン・スカイウォーカーの幼少期から

付き合いがある存在で、アナキンにも多大な影響を及ぼしました。

 

アナキン・スカイウォーカーが

ジェダイとして悩んでいる時にも

パドメがいつもそばに居て

心を支えているような面もありました。

 

アナキン・スカイウォーカーについて

最もよく知っている存在でもあり、

オビワンや他のジェダイへの理解もある重要な存在でした。

 

パドメはナブーの女王だった

パドメ・アミダラは、

ナブーの女王として市民からも慕われており、

水の底に済むグンガン人との交渉にも役立っていました。

 

クローン大戦の前の裏舞台での活躍や

交渉役としての力は大きく、

女王としての才覚にも恵まれていた

強い女性という存在でした。

 

ナブー女王の後は、元老院として働きますが、

命を狙われたことをきっかけに

アナキンスカイウォーカーとの距離も縮まりました。

 

ロボットたちとのつながり

パドメは、R2-D2やC-3POとの交流もあり、

R2-D2にもパドメの記録が残されていると言われています。

 

その記録はルーク・スカイウォーカーが見ることになったり、

レイア姫とお互いの母親についての話をすることもあったり

特別な存在となっています。

 

フォースの覚醒にも登場するであろうR2-D2やC-3POには

パドメの影響が少なからずあると思われ、

新作の中でもかなり期待することができます。

 

ロボットともアナキンスカイウォーカーとも繋がりも多く、

多くのキャラクターに影響を与えた存在がパドメなのです。

 



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ